冬でも育てることができる観葉植物について解説します

冬に強い植物が知りたい

園芸用品

ワイヤープランツ

細い茎に葉がついている特徴のワイヤープランツですが、どんなインテリアにも最適な観葉植物として人気を保っています。寒さに強いですし、日当たりの良い環境では育てやすい植物です。乾燥に弱いので気をつけましょう。

フェニックス・ロベレニー

ヤシの木で有名なフェニックス・ロベレニーです。部屋の中に置くだけで、一気にトロピカルな雰囲気へと変えてくれます。アジアンテイストが好みの人に向いている観葉植物だと言えるでしょう。寒さにも強い植物として知られています。

ゴールドクレスト

クリスマスに人気の観葉植物と言えばゴールドクレストです。色鮮やかなグリーン色をしており、まるでクリスマスツリーのような佇まいが特徴です。弱点は乾燥ですが、寒さに強い植物です。ただし、生育は室内ではなくベランダが適しているので注意しましょう。

冬にも負けない観葉植物の魅力

観葉植物は夏のシーズンに育てるイメージがありますが、冬のシーズンでも育つ観葉植物もあります。上手に育てるためにも環境に適した植物を選びましょう。ポイントをおさえることで初心者でも観葉植物を育てることができるでしょう。

観葉植物を育てる上で気をつけたいポイント

冬場は水の与えすぎに注意

植物を育てるには水を与えるのが一番ですが、ここで気をつけたいのが水の与えすぎです。夏場は観葉植物の水を上げる力が高くても、冬場になるとその力は落ちてしまいます。冬は水をあげすぎないように気をつけましょう。

どこに置くかで変わってくる

植物の中には部屋の中ではなく、ベランダで育てるものが向いているものがあります。ですが、冬場は気温の変化が激しいため、注意して育てましょう。また、日差しが良い場所に置くのが望ましいですが、暖かい場所であるかの確認もしましょう。

適温を把握することが必要

冬は空気が冷えるため、外だけではなく部屋の中も冷えてしまいます。耐寒性が0°以上の観葉植物もありますが、耐寒性がない植物を育てる場合は、10°以上の環境が良いと言われています。観葉植物を上手に育てるためにも、適温を調べましょう。

初めての人に向いているものは?

初めて観葉植物を育てる人は、寒さに強い種類を育てるといいでしょう。植物によっては気温が下がる冬にも強い種類が存在します。また、同時に日陰でも育ちやすいものがあるため、初めての人にも向いていると言えるでしょう。

レンタルサービスもある

現在は自分で育てることなく観葉植物がレンタルできるサービスも存在します。個人向けや法人向けなど、目的に合わせて借りることができます。料金やサービス内容は業者によって異なるので、興味のある人は確認するといいでしょう。

広告募集中